忍者ブログ
喜びはきっと喜びのままで 誰にも止められない力だよ  水鉄砲にありったけの花の種を  込めてぶっぱなして 驚かせてみたい
            
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごぶさたんばりん☆(最近このフレーズ使う人いないなぁ…ぜふぃ使おうぜ!(笑))
ここの所の3日間は引っ越しの大詰め準備をしつつ、あきたらDVDを見る。そんな日々を送ってました(笑)

『FREEDOM』
★★★★☆

面白かった~♪まずOPに惹き込まれた!!映画でもアニメでもOPで感覚的に『好き』って思う作品はだいたい自分の中で大当たりします。OPって大事だよなぁ。
アニメなのに実写の風景とアメコミ風な劇画の組み合わせ。宇多田ヒカルの声。錆びた鉄パイプ!!(重要)OPの前奏でいきなりパイプが伸びてきた瞬間「キタ!!」って思ってしまった(笑)流石、大友作品。凝ったアングルとかカット割りとかそういう事でなく、見せ方が好きなOPでした。

ストーリーもキャラクターも個性的。主人公…お馬鹿さん加減が最高っす!
大友ワールド全開で、ワクワクしながら観てた。やっぱり私は原作付きの先が解る作品より、30分観終わる度に続きが気になるアニメが好き。
そう考えると、私の好きなジ☆オンもトルー☆ーもガンダムもオリジナルストーリーだし。

原作付きアニメで好きなのはJiNGだけかも♪でもあれは原作が神だからな…(笑)
インタビューなどで、ティムバートンと大友さんに影響受けたと答えてるだけあって、私の脳内ではFREEDOMの世界観のアチコチに熊倉ワールドを見出してました(爆)逆だろ…(-_-;)

あと、笑ったのがストーリーのあちこちに例の『ブツ』が登場するということ!!!(笑)ちゃんと宣伝してるんだねぇ…。

気になる方は借りても損はないかも。ただ、1本が30分なので、レンタル半額の時に借りるのをお勧めします。特典映像も興味深い内容でした。


しかし…確かにテンポ早いアニメだったしサ☆ライズ作品ではあったんだけど、女の子があまり出てなかったので、自分の勉強にはならなかった……選択ミス☆(>_<)

PR
タイトルはあまり意味ないです…2月2日だったからにゃんにゃん(笑)

今日は昼間からぼうず邸に行って、DVD鑑賞会してました♪手土産は自家製梅酒♪真っ昼間からちびちびやりながら、いざDVDスタート!!!

『グエムル』
★★☆☆☆韓流映画。未知なる生物に娘を浚われた(食われた?)父が、娘を助け出すために奮闘する話。
…うん、好みの問題な気はするが興味を惹かれるものが無かった。そっか、B級映画のヤバいのってこういうのか…としみじみ感じてしまった(笑)
この父の親族はパワフルで逞しい人ばっかりだなぁ…とか、娘助かるかと思ったのに意外なラストでびっくり…という感じでした。色々と2人で突っ込みながら観ました(笑)

『プロデューサーズ』
★★★☆☆
言わずと知れたアカデミー賞作品。確かに面白い。華やかだし盛り上がるしエンドロールまで工夫してあって飽きない。笑える。でも心に残るものが無かったな…。耳に残る曲もあまり無かったし。
やはり私はミュージカルだと『RENT』が好きだよ。♪Season of Loveは名曲だと思う…。

DVD鑑賞した後はクイズ番組見たりめちゃイケ見たりして、まったり。梅酒とお菓子を沢山つまんでいたので、結局夕食は食べずに帰ってきました(まだ帰る途中だけど(笑))

ぼうず~♪サンクスコ!!&ごちそうさまでした(=^▽^=)
又、来週会いましょ!!

さぁ~て、私はそろそろ本気で引っ越し準備しなきゃなぁ(笑)
見積もりも出してもらわなきゃ…☆




★★★★☆

ちょっぴり甘口評価…。まぁ好みの問題かと思うけど。
これから観る方もいるでしょうから内容にはなるべく触れません。………が、1つだけ声を大にして言いたい。

『R15指定じゃ甘すぎる~っ!!!!!!!』

絶対R18でも良いと思うョ…。あらすじ解って観ていても、描写がリアル過ぎて本っっ当に怖かった!!久々に映画館で鳥肌立った。
実際にあった(とされる)事件が元のブロードウェイミュージカル。それをティム&デップのコンビで映像化。
物語全てを語っているようなOP(雨の描写とか流石バートン!って感じ)
モノトーンに近い重みのある映像。
面白いカメラワークがあちこち。
リアルな建物なのに、ファンタジックな部分を感じるのはやはりバートン作品だから?(船とか煙突とか椅子とか鳥かごの形が好みだったな…)
ジョニーデップ、鬼気迫る演技。素直に凄いと思った。人生を狂わされた復習鬼は異常な事を異常と思わなくなるくらい、愛情を持った正常な人間として生きてた。(上手く書けないな…)
ジョニデの歌声……嫌いじゃなかった(笑)

そんな感じですか…。全体のストーリーは面白かったけど、血が嫌いな方にはオススメしません(爆)
終わってから聖哉とも話してたんだけど、R15とR18の境目って何なんだろう?性的描写が入るとR18になるのかな??
知ってる方教えて下さ~い。

最後。POPの前で写真を撮ろうとしたら、トッドのコスプレさんが居た…微妙に痛かったナ(^^;)
そして、狙った訳でもないのに瞬間移動中の聖哉を激写~♪
タイミング良すぎや(笑)



はるか極北の氷の上で、母グマが大気のにおいをかぐ。
特に変わったようすはない。危険は感じられない。
でも、何かがおかしい。彼女の足元で、氷がゆるみ始めている。

シベリアの森を、アムールヒョウの親子がさまよう。
森が減り、イノシシも、シカも減ったことに気づいてはいても、
仲間が40頭ほどしか残っていないことを、彼らは知らない。

熱帯の高い梢の上で、オランウータンが遠くを見つめている。
昨日まであったはずの森は、どこへ消えたのだろう。
運び去られるたくさんの木々と、焼けた大地が彼の瞳に映る。

乾いた砂の中を、ゾウたちが行く。
かつて、群れはもっと大きく、いくつも連なって続いていた。
サバンナのどこかで、今も密猟の銃声が響く。

生きものたちが問いかける声が聞こえる。
この森は誰のもの?この海は、山は、大気は、誰のもの?
野生の生きものは、人間のために存在しているの?

今こそ、出来る限りの事をしよう。
この地球を、無数の生命と分かち合っていけるように。
輝く野生の生命と、共に生きていけるように。


×××××××××××

★★★★☆

コレは、絶対大画面で観るべき映画だと思って、1,000円dayを狙って行ってきました!!!やっぱり観に行って良かった♪

クスッと笑える場面
手に汗握る狩りの場面
胸にぐっとくる場面
息をのむ場面

様々な自然の姿を様々な角度から見れて、90分があっと言う間でした。
自然界に産まれる色、形、姿。それらに勝る美しさは無いなって感じた。
渡辺謙さんの語りも良かった。(ほんとは字幕版を観る予定だったのだが、母親も観に行くと言い出したので、急遽吹き替え版を観に行くことに………)以前見に行った、『ノマディック美術館』の中の映像にも語りで参加されてたので、なんか聞き慣れた語り声でした(笑)

隣に座って観ていた84歳にして、映画初体験(!!!!)なおじいちゃんが、帰り際に『人間は幸せだよなぁ…喰うか喰われるかは関係なく、年金貰ってこんな暮らし出来んだもんなぁ…あんた、学校で学べるのも幸せだと思わなきゃダメだよ…若いんだし…。』って呟きながら帰っていく姿がなんか好きだった(笑)というか私、幾つに見られていたのだろう…???

映像も音楽も繊細で綺麗で素敵な映画なので心癒されます。自然の好きな方はぜふぃ足を運んで下さいませ♪

今の自分には地球に対して、足元に力強く咲く草花に対して何が出来るかな……?



★★★☆☆

今年一発目の映画は、聖哉の当てた試写会に一緒に連れて行って貰いました♪
感想は………。うん、普通に面白かった。ネス湖の真実を知った時は本当にビックリ&ショックだった。出来れば真実は伏せていて欲しかった身として、今の子供達にはこの映画のようなお話が真実なんだと思っていて欲しい。…そんな事考えながら観てました。

主役のアンガスのへたれっぷり、そばかすっぷりは観ていて可愛いし、クルーソーの動きも可愛い(でもあの触角のようなものは、ビジュアル的に要らなかった気がする…)
北欧の地が舞台なだけあって、美術、風景(空、山、湖、建物)は絶品!劇中でも使われていたケルト音楽がまたいい感じに風景と馴染んでました。

物語は、考えていたより真面目な部分が多かった…かな。
戦争がどれだけ愚かな事なのか、どれだけ人の感覚(?)を狂わせるのか。そんな事も感じ取れる映画だった…。
夢みたいな現実を信じられない大人。
信じられないモノは消し去ろうとする大人。
権力、武力を誇示して自分の印象を上げようとする大人。
戦争という緊張状態の中で誤った情報に混乱する兵士たち。
人間の武力、混乱に巻き込まれてクルーソーの感覚も変わっていく。


それでも最後は大HAPPY ENDで良かった♪♪やはり最後に訪れる別れは感動して泣いてしまう(笑)清々しい映画でした。 みんな死ななくて良かったよ。…しかし気になるのは…犬。お前の生死だけが気になるよ!(笑)


そんな感じの新年一発目の映画でした。聖哉~サンクスコ☆次は『スウィニー・トッド』観に行こうね!水曜日に(笑)



こんなに分厚くて、読み応えある映画パンフレットは初めてだ(笑)

流石は京極夏彦。



朝方書いた酔っ払い記事を少し修正。

いやはや…良く笑いました(爆)
原作に忠実では無いので、原作ファンは賛否両論かも知れないが、私は一つの作品として、エンターテイメントとして割り切って観れたので面白かったと思う。
でも小説を読んでいたからこそ、楽しく観れた感じかな。読んでなくてもそれなりに面白いんだろうけど、周りの人間関係が解っていればなお面白い。そんな作品。
本筋にあまり触れないように感想を…。

小説派には申し訳ないが、ほぼオリジナルに近く話を組み替えていました。(大筋は同じだけど、物事の起こるきっかけが違ったり、役者の見せどころが違ったりした)人間関係が分かり難い部分もあったし、もっと見せとかなきゃいけない場面を軽く流しちゃってたりはしたけど、良く2時間強で上手く纏めたなぁと思った(笑)
ただ要所要所は凄く原作に忠実で、今回の方が前作より私は見応えありました。監督が違うと、ここまで表現が変わるものかと…。やっぱり感性って計り知れない。そして私はこの監督のセンスの方が好きだと感じた。

前回とキャストの変わった関口君がどうなるか、少し心配だったけどこんな関口君も『あり』だな~と思った(笑)自転車のくだりは大爆笑!!
榎木津さんは全体に凄くいい味出してるし(木場に電話する場面とか笑ったぁ)
京極堂も眼光鋭くて陰陽師としても良い雰囲気だった。(ちゃんと『鼻緒だけが赤い』黒装束見れたしな♪)
演者の実年齢が同じというこの3人の掛け合いは凄く自然でギクシャクした感じが無く、観ていて安心出来た。

惜しむらくは、木場さんか…☆
宮迫だったからあの雰囲気になったのかも知れないが、勿体無く感じた。キャストの色付けが甘かったと言うか。頑張ってるのは解るんだけどなぁ…もっと本筋に絡んで欲しかった…恋愛感情面だけでなく。役者の中にお笑い芸人はやはり辛いのか…??嫌いな芝居では無いんだけどね。役柄とはちょっと違うと思った。

個人的にはもう一回見に行っても良いかなと思うくらい面白かったよ。レンタルは必ず借りると思う。

これから観る方
観ようと思われる方(多分)肩透かしは食らわないと思うので、力抜いて観ましょ(笑)楽しんで来て下さいな♪
聖哉、誘ってくれてサンクスコでした☆


さ~ぁ、今日も乗り切るぞ~!!!!(爆)



カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
陵 暁乃
性別:
女性
趣味:
写真、散歩、お絵描き
自己紹介:
忍者ブログ歴4年経ちました♪
長年の夢だったモノになるべく日々励んでいます。

COREOFSOULの音楽を心に、外を歩くのが好き、空と草花の写真を撮るのが好きな人間の趣味のブログ☆
その時その瞬間に感じたことを素直に徒然なるままに書いています。
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア



忍者ブログ [PR]